0

Junya Ishigami

Rainbow carpet . Nakhon Ratchasima

junya.ishigami+associates

A carpet resembling a rainbow.
Forming an arc like a rainbow, spread thinly over a large area like a carpet.
A rainbow carpet will be installed by the canal in front of the Art Gallery.
A vast carpet 77m wide and 30m deep, with an area of 2310m2, that will billow up from the ground to a height of five meters, as if floating above the water.

The rainbow carpet will be made by sewing bricks together with wire. Holes will be made in the bricks, and steel wire of 1cm diameter passed through them, fastening the huge number of bricks together, and reinforcing the arched brick construction. Thus a very thin brick membrane will float lightly as if wafting on the breeze.
A carpet resembling a rainbow.
Large holes made in this large membrane will offer views of the sparkling water below.
On this rainbow carpet floating up from the streets, people will distance themselves from the bustle of the city, and relax for a while.
Beneath the rainbow carpet covering the canal, people will take refuge from the intense sunlight, and gazing upon the sky from the canal bank, enjoy the light streaming down, and spend a quiet afternoon in the comfortable embrace of the shade.
The rainbow carpet will be a new public open space for Nakhon Ratchasima.
The rainbow carpet will be a new landscape for Nakhon Ratchasima.
The rainbow carpet will be a thin, light brick membrane.
The rainbow carpet will journey alongside Nakhon Ratchasima through history.
The rainbow carpet will be a fossil of a rainbow.
Junya Ishigami
_

Rainbow carpet, Nakhon Ratchasima, Thailand Biennale, 2021
2020- on going

Location: Art gallery and Exhibition, Nai Mueang, Nakhon Ratchasima, Thailand
Site: The canal of the Art gallery
Architects: junya.ishigami+associates ―Junya Ishigami principal, Masayuki Asami project-leader, Laura Pasquier project-manager
Design: 2020-on going
Client: OCAC, Office of Contemporary Art and Culture, Ministry of Culture
Consultant: Jun Sato Structural Engineers Co., Ltd., structural
Executive architect: makeAscene
Constructor: Zenith Dec-Con
Total area: 2310m2

TEXT TRANSLATION Pamela Miki

SPONSORS Material support: SGC

 

 虹 の よ う な 絨毯。
虹 の よ う に 弧 を 描 き 、 絨毯 の よ う に 薄 く 大 き く 広 が る。
 ギ ャ ラ リ ー 前 の  運河 の 前 に 、虹 の カ ー ペ ッ ト が 架 け ら れ る。
幅 は 77m 、 奥 行 き は 30m 、面積 は 2310m2 の 大 き な 大 き な 絨毯。地上 か ら 水面 の 上 を 舞 う よ う に 5m ま で 舞 い ふ わ り と 上 が る。
虹の絨毯は,煉瓦をワイアーで縫い込むようにして出来上がる.煉瓦に穴を開け直径1センチの鉄のワイアーを通して,無数のレンガを緊結するように結びつけ,煉瓦のアーチ構造を補強する.極薄の煉瓦の 膜 が 風 に 吹 か れ る か の よ う に 軽 や か に 浮 か び 上 が る。
虹 の よ う な 絨毯。
大 き な 膜 に は 大 き な 穴 が 開 け ら れ 水面 が 輝 き 覗 く。
人 々 は 、 街 か ら 浮 か び 上 が る 虹 の 絨毯 の 上 で 、街 の 喧 騒 か ら 距離 を 取 り 、 穏 や か な 時間 を 過 ご す。
人々は,運河を覆う虹の絨毯の下で,強い日差しを避けながら,水のほとりで,空を眺め,降り注ぐ光を楽しみ,心地の良い影に包まれ,静かな午後を過ごす.
虹 の 絨毯 は 、 Nakhon Ratchasima の 新 し い 広 場 に な る。
虹 の 絨毯 は 、 Nakhon Ratchasima の 新 し い 風景 に な る。
虹 の 絨毯 は 、 薄 く て 軽 や か な 煉 瓦 の 膜。
虹 の 絨毯 は 、 Nakhon Ratchasima と と も に 歴 史 を 歩 む。
虹 の 絨毯 は 、 虹 の 化石。

						
											(石上純也)