0

TD atelier . ENDO SHOJIRO

Music Guesthouse IKUHA . Kioto

TD atelier . ENDO SHOJIRO . Music Guesthouse IKUHA .  Kioto afasia (1)

TD atelier . ENDO SHOJIRO DESIGN . photos: © Kohei Matsumura . + architecturephoto

This building was a shop and a house with an frontage of 2.7 m and a depth of 11.7 m.
We renovated this to the guest house.
First of all, in order to eliminate the psychological feeling of pressure due to the narrowness of this width,
we left all of the third floor leaving the structure.
And, as a reinforcement of structure, we put a brace with the length of the two floors.
Guests need to walk away from this brace, but these braces make impressive the space.
Guestrooms are arranged in two steps in a row.
Construction cost is very cheap with a simple finish, but it is a very powerful space.
“Music Guesthouse IKUHA” is jointly managed by two people in the music industry.
Each guest room’s name is the name of a famous live house in the world.
The graphic of sign corresponds to brace.
Here is a collection of analog records, with guitars, turntables, posters and flyers decorated.
It is a guesthouse that everyone can enjoy, not to mention music lovers.

 


·

 間口 2.7m、奥行き11.7m。
うなぎの寝床型の敷地の多い京都の中でも極端な寸法の既存家屋のリノベーションである。
もともとは1階で割烹料理店を営業し、2階と3階を住居として使っていた店舗 付き住宅をゲストハウスとして再生させた。
まず、この幅の狭さによる空間の窮屈さを解消するために、
3 階を構造材を残してすべて取り払うことを考えた。
これで客室となる2階の天井高さは2倍になり、上昇感のある空間が生み出される。
続いて、細長い平面の長手方向を 2 分割するように、ベッドスペー スを一列に設け、
残り半分を共用スペースとするシンプルなプランとした。
また構造補強として2層分の長さの筋交いを入れている。
プランはこの斜材を避けるように成立しているが、
プランを制約するのではなく、空間を引き締め豊かにする要素となっている。
1 階は割 烹料理屋のまま手を入れず、壁面を白く塗装、一部にフロント、トイレ、浴室を挿入するにとどめている。
3 階の床を撤去すること以外はできるだけ解体工事を減らしコストの削減を図っている。
また床や壁は既存の上に直接仕上げをするにとどめ、元3階の天井部分はそのままペンキで塗りつぶしている。
1 階は前述の通り最低限の工事しか行わないことで、全体の工事費用を安価におさえている。
「オトヤド イクハ」は音楽業界関係者の2人により共同運営される。
各客室には有名なライブハウスの名が冠されている。
アナログ盤のコレクションが並び、ギターやターンテーブル、ポスターやフライヤーで彩られる。
音楽好きはもちろんであるが、誰でもが楽しめるゲストハウスである。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>