0

Ryu Mitarai

House in the windows . Tokyo

Ryu Mitarai . House in the windows . Tokyo (1)

Ryu Mitarai . photos: © Kai Nakamura

Private house in Tokyo.
_

能動性を引き出す7つの「マド」というエレメント

都心からほど近い東京の密集地に建つ小さな住宅である。駅周辺には活気に満ちた5つの商店街、商店会が形成され、敷地はそこから僅かに離れつつも寄り添うように位置している。住宅地でありながら商店の音や賑わいが少し残るこの場所には、3階建ての家々が隙間なく建ち並ぶ町並みが築かれている。

限られた敷地から生活の場を削り出していくと、周りと同様に3層のヴォリュームが自然と建ち上がってくる。ここで我々は二面接道の敷地を活かし、住宅にとって極めて重要な「窓」というエレメントの可能性を広げてみたいと考えた。

外壁に穿たれた開口としての窓を内外に少しずつ押し出して、奥行きを与えていく。さらにスティールで組まれた建築の骨格に近づけるように窓を拡大し、そこに構造を付加していく。こうして窓は、機能を超え、建築の構成要素から場そのものへとやわらかくシフトしていく。

そしてここでは内部の生活と周辺環境を丁寧に読み込みながら、位置や大きさ、素材の異なる7つの「マド」が作られている。前面の通りに面した大きなマドは、腰掛けられる高さに設えられ、畳が敷かれている。夕方には買い物帰りで歩いてくる近所のおばあさんが見えたり、祭りの際には目の前を神輿が通っていくのが見えたりし、そこはあたかも町に迫り出した桟敷席のような場所である。他にも上下階を繋ぐ吹き抜けのマドや、遠くの町並みが見渡せる寝床としてのマド、ハイカウンターとして使われる家具のようなマドや、腰かけて本を読みたくなる静かなマドなど、一つの家の中に高さ、堅さ、大きさの異なる様々な場が生まれ、それらが建築全体に働きかけていく。

さらに構造材や下地材として使われる粗野でタフな素材を丁寧に織り込んでいくことで、場所を自由に選び取れる刺激のある空間を目指した。

こうして建築における一つのエレメントの変形が、場所の発見を促し、生活する家族の能動性を引き出していく。それが住まいにおける楽しさと豊かさに繋がっていくことを期待している。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>